現代ののれんは

古来のいみではなく、看板として使われる事が多いです。

また会計用語からのれん分けというような

現代でいうフランチャイズのように用いることもあります。

のれんは宣伝やお店の顔

どちらかというと継承より

宣伝を表す言葉の方が多いようです。

 のれん屋もめっきり減ったみたいです。昔は悉皆屋と言われる

御用聞きの営業もいたぐらいだけど、今ではのれん屋さえご飯を食べるのは大変だ。