風呂敷とのれんはとても文化的なものに感じる。

非常に見かける数が少なくなったけれど、風呂敷とのれんは非常に文化的なものに感じる。

風呂敷ものれんも眺めていると情緒を感じるものだ。

とてもすばらしいでも

正直触れる機会はどんどん少なくなってきている気がする。

伝統というものもはそういうものかもしれない。

エコブームといえど、エコのために風呂敷を

とか一時の感情論でそれを行うのはなんか異なる気がする。

まぁそうは言ってもがっつりやっていくために今後も頑張っていけたらと思う。
風呂敷は京都でそろえる。